イ・サン あらすじ09話 「九年前の約束」

 「罪人が消えた?」セソンの玉印が押されたニセの通達書によって罪人と軍官が遺体として天蔵山の裾野で見つかった。「ホンモノの通達書と思いました」という役人。

重臣からも疑われ、サンは窮地に立たされる。

 王様は、身内の刑曹判書(ヒョンジョ・パンソ)ホン・イナンに捜査を命じる。(先日老論派に入ったサンの大叔父)

 内侍ナム・サチョとテスと叔父パク・タルホは、ソンヨンの行方を捜すのに一計を案じた。犯人が逃げるとすれば故郷の海美(ヘミ)に違いない。そこで、海美で鉱員募集があり、その船が出るとウソの貼紙で犯人をおびき出そうとした。犯人は応募してきた。テスが犯人を捕らえて聞けば、ソンヨンは遊郭へ売られたと知る。遊郭をくまなく探すテスとタルホ。だが、なかなかソンヨンを見つけられない。

 タルホと出会ったイ・チョンは「そういえば遊郭でソンヨンの声を聞いた気がする」と思い出す。テスたちはその遊郭に乗り込み、危ういところでソンヨンを救出した。

ナム・サチョ「無事に見つかって本当によかった。セソン様もお喜びになられます」

テス「セソン様はお前のことを覚えていらして家まで会いにこられたのだぞ」

長い間監禁され憔悴しきったソンヨンは白日夢の中でそれを聞いていた。

 実家で養生していたサンの妻、嬪宮(ピングン)が久しぶりに夫セソンに会いにきた。持参した美しい菓子箱をサンに差し出す「梅雀菓(メジャクァ)でございます」サン「嬪宮に料理のたしなみがあるとは知らなかった」嬪宮「実は、図画署の茶母(タモ)に手を借りて作ったのです」お菓子を口に入れ「図画署の茶母か。それゆえ色どりが美しいのだな」サンはソンヨンを想い出しながらうれしそうに食べた。

 フギョム(老論派の若手重臣)は「あの慎重なセソンが王命を無視してどうして軍隊を動かしたのか。これには別のなにか理由があるにちがいない」と調査を部下に命じた。

 王様の部屋で、サンの大叔父ホン・イナンは「図画署による鑑定の結果、通達書はサンの筆跡に違いない」と報告した。「ご苦労だった」と王様。

ホン・イナンと入れ替わり中殿が入ってくる。

王様「こんな夜更けにどうした」

中殿「セソンは誰よりも真っすぐな心を持つ子。信じてあげて下さい」(心にもないことを言って王の気持ちを探る)王様はゆっくりとお茶をのみながら、つぶやく

「信じていなければとうに見捨てておる」とサンをかばうのであった、

(中殿は、王の真意を聞いてこの作戦は失敗したと悟る)

 遊郭から助けられ家に帰ったソンヨンは、夜も明けないうちに図画署へ出勤する。数日ぶりに顔を出した図画署には誰もいない。想い出の絵を見ていると、後からやさしい声が聞こえた。それは紛れもないサンの声だった。

「ソンヨン 大事ないか ケガはなかったか すまなかった もっと早く気づいていたら…」

ソンヨンは感涙して「私をお忘れになったと思っていました」

サン「私は9年前のあの約束を忘れたことはない 一日とてそなた達を忘れたことはない」「泣かないでくれ 恋しかった友にまたこうして会えたのだから」と、2人は手を握りあって再会を喜び合う。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ